{"prg_cd":"106229"}
{"prg_cd":"110744"}
{"prg_cd":"111835"}
{"prg_cd":"111695"}
{"prg_cd":"111467"}
{"prg_cd":"111803"}
{"prg_cd":"111571"}
{"prg_cd":"111375"}
{"prg_cd":"111694"}
{"prg_cd":"111436"}
{"prg_cd":"111791"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"111811"}
{"prg_cd":"111605"}
{"prg_cd":"111370"}
{"prg_cd":"111284"}
{"prg_cd":"111507"}
{"prg_cd":"111651"}
{"prg_cd":"110473"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"111524"}
{"prg_cd":"109765"}
{"prg_cd":"110987"}
{"prg_cd":"020685"}
{"prg_cd":"111140"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW 仲代達矢 いざ、最後の舞台へ

ノンフィクションW 仲代達矢 いざ、最後の舞台へ
現在、放送予定はありません。

亡き妻との思い出が深い作品「授業」を、自身の劇場で公演することを決めた仲代達矢。60年の俳優キャリアの集大成を作り上げる姿から、演劇人魂を浮き彫りにする。

小林正樹監督の『人間の条件』(’59〜’61)や黒澤明監督の『影武者』(’80)など、映画史に残る大作で主役を演じてきた名優・仲代達矢。一方で「無名塾」を主宰し、日本新劇界のリーダーとして60年以上にわたり舞台に立ってきた。「俳優業に引退はない。死ぬまで芝居はやめられない」と断言する仲代は、80歳を越えてなお主演に挑む。演目はイヨネスコ作「授業」。
この難解きわまりない不条理劇を演じるのは仲代の50年来の夢だった。意味不明なセリフと格闘する稽古は3カ月に及び、75分出ずっぱりの芝居は体力の限界への挑戦でもある。しかも今回は、限定50人の観客が至近距離から見つめる初のアトリエ公演。仲代は、「役者のフィナーレに相応しい芝居」と語る。演じることの意味とは?芝居とは?映画とは?若い世代に何を伝えるのか?いつも「最後」を意識しながら舞台作りに励む俳優、仲代達矢。その演劇人魂を浮き彫りにする。
※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

亡き妻との思い出が深い作品「授業」を、自身の劇場で公演することを決めた仲代達矢。60年の俳優キャリアの集大成を作り上げる姿から、演劇人魂を浮き彫りにする。

2012年、80歳を迎え、俳優生活60年の集大成を作り上げようとする仲代達矢に完全密着した。1950年代から映画・テレビ・舞台で数々の名作に出演、日本を代表する名優となった仲代は、1975年に「無名塾」を主宰し、後進の育成にも尽力してきた。そんな仲代が新たに挑む舞台「授業」は、老教授と女生徒の奇妙な個人授業を描いた不条理劇。20代のころに、亡き恭子夫人とパリで観た思い出深い舞台だ。
2013年2月の公演初日に向け、稽古は前年11月に開始した。それに先駆け、仲代は9月から準備を始める。毎回すべてのセリフを書き出し、寝室に貼り出す。この行為を通じて“役が身に染みてくる”という。稽古が始まると、仲代はもがき、叫び、沈黙する。試練の時間は、思い描く「授業」の芝居を築いては壊すことの繰り返しだ。2月、無名塾のホームグラウンド、東京 世田谷の仲代劇堂で「授業」の幕が上がった。
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの