{"prg_cd":"104326"}
{"prg_cd":"111467"}
{"prg_cd":"111695"}
{"prg_cd":"111375"}
{"prg_cd":"110744"}
{"prg_cd":"110680"}
{"prg_cd":"110350"}
{"prg_cd":"110423"}
{"prg_cd":"110471"}
{"prg_cd":"111321"}
{"prg_cd":"111436"}
{"prg_cd":"111294"}
{"prg_cd":"107235"}
{"prg_cd":"110968"}
{"prg_cd":"110952"}
{"prg_cd":"110473"}
{"prg_cd":"109765"}
{"prg_cd":"111583"}
{"prg_cd":"110813"}
{"prg_cd":"111420"}
{"prg_cd":"109585"}
{"prg_cd":"111365"}
{"prg_cd":"111508"}
{"prg_cd":"075521"}
{"prg_cd":"110586"}

ステージ
蜷川幸雄×イスラエル「トロイアの女たち」 〜世界のニナガワが挑む最も危険なプロジェクト〜

蜷川幸雄×イスラエル「トロイアの女たち」
現在、放送予定はありません。

世界のニナガワが挑戦した国際プロジェクト。戦争で負けたトロイアの女性たちの悲劇を3つの文化圏の俳優がそれぞれの言語で語る、演劇史に残る稀有な舞台。

子や孫を殺される悲劇にみまわれるトロイアの王妃・ヘカベを白石加代子が、その美しさが戦争の原因となったヘレネを和央ようかが熱演する。日本人、イスラエル国籍のユダヤ系、アラブ系という三つの文化の俳優が出演し、台詞が日本語、ヘブライ語、アラビア語で展開されていく。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

世界のニナガワが挑戦した国際プロジェクト。戦争で負けたトロイアの女性たちの悲劇を3つの文化圏の俳優がそれぞれの言語で語る、演劇史に残る稀有な舞台。

紀元前5世紀にエウリピデスが描いたギリシャ悲劇を、“世界のニナガワ”が演出。イスラエルの緊迫する政治情勢を受け、一度はあきらめかけたものの、言語・価値観・宗教観といった壁を超え蜷川幸雄が上演にこぎつけた大作だ。本作は日本とイスラエルの外交関係樹立60周年記念事業で、東京公演の後にイスラエルでも上演されたことでも話題に。
<ストーリー>3人の女神、ヘラ、アフロディテ、アテナによる、「誰が一番美しいか?」という論争は、トロイアの王子・パリスに審判が委ねられた。アフロディテを選んだパリスに、褒美としてギリシャ・スパルタの王妃で世界一の美女と謳われるヘレネ(和央ようか)が与えられたことで、トロイアとギリシャは戦争に。争いは10年に及ぶが、ギリシャの“トロイの木馬”作戦により、トロイアは敗北。男たちは死に絶え、トロイアは焦土と化す。
トロイアの王妃・ヘカベ(白石加代子)は国王や息子たちを失い、奴隷となるのを待つのみだった。娘はギリシャ軍の総大将の愛人となることが決まり、幼い孫までも殺されてしまう。女たちがギリシャへ引き渡されるのを待つ中、元夫でスパルタ王・メネラオスを前にしたヘレネは、「戦争は自分のせいではない」と無実を訴える。ヘカベはヘレネを殺すよう訴え、メネラオスも激怒していたが、彼女の色香の前に手を下せなくなってしまう。

出演

  • 白石加代子
  • オーラ・シュウール・セレクター
  • ラウダ・スリマン
  • アシュラフ・バルホウム
  • モティ・カッツ
  • マフムード・アブ・ジャズィ
  • シリ・ガドニ
  • 和央ようか
  • イスラエルのユダヤ系・アラブ系俳優
  • 日本人俳優

スタッフ

  • 演出/蜷川幸雄
  • 作/エウリピデス

収録日・場所

  • 2012年12月19日/東京 東京芸術劇場 プレイハウス
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの