{"prg_cd":"111620"}
{"prg_cd":"104782"}
{"prg_cd":"112779"}
{"prg_cd":"112563"}
{"prg_cd":"112320"}
{"prg_cd":"112793"}
{"prg_cd":"112156"}
{"prg_cd":"112482"}
{"prg_cd":"112780"}
{"prg_cd":"110342"}
{"prg_cd":"110625"}
{"prg_cd":"112481"}
{"prg_cd":"112638"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"112216"}
{"prg_cd":"111888"}
{"prg_cd":"109637"}
{"prg_cd":"112841"}
{"prg_cd":"112636"}
{"prg_cd":"111890"}
{"prg_cd":"112501"}
{"prg_cd":"111624"}
{"prg_cd":"112662"}
{"prg_cd":"111467"}
{"prg_cd":"111746"}
{"genre_cd":"01"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW ヘプバーンが本当に伝えたかったこと 〜妖精はなぜ銀幕を去ったのか〜

ノンフィクションW ヘプバーンが本当に伝えたかったこと
現在、放送予定はありません。

“世界の妖精”オードリー・ヘプバーンはなぜ映画の世界から離別したのか?ユニセフの親善大使となり何を伝えたかったのか?晩年を中心に、彼女の心の真実に迫る。

『ローマの休日』(’53)でアカデミー賞主演女優賞を獲得し、一躍スターダムに躍り出て以来、『麗しのサブリナ』(’54)、『ティファニーで朝食を』(’61)など数々のヒット作に出演した大スター、オードリー・ヘプバーン。没後20年を経てもなお、圧倒的な支持を得るオードリーは、なぜ映画の世界から離れたのか?そしてユニセフの親善大使となり何を伝えたかったのか?戦争に翻弄された少女時代、スティーヴン・スピルバーグのオファーで実現した映画界復帰、ボランティア活動に尽力した晩年…。関係者のインタビューなどとともに、これまであまり語られなかった晩年の心の移り変わりを描いていく。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
ノンフィクションW ヘプバーンが本当に伝えたかったこと

“世界の妖精”オードリー・ヘプバーンはなぜ映画の世界から離別したのか?ユニセフの親善大使となり何を伝えたかったのか?晩年を中心に、彼女の心の真実に迫る。

気高く、愛らしく、美しい、“世界の妖精”オードリー・ヘプバーン。『ローマの休日』(’53)をはじめ、数々の名作に出演し一躍大スターとなった。だが『暗くなるまで待って』(’67)以降の約9年、子育てに専念することを理由に映画業を離れる。また1989年には念願だったユニセフの親善大使に就任。そんな彼女には、第二次大戦中にユニセフの前身であるUNRRA(連合国による救済復興機関)に救われた過去があった。番組では、オードリーが最も信頼し、公私ともに親交の深かったコーディネーター・加藤タキさんが登場し、数々のエピソードが明かされる。さらに、オードリーが愛し最期を迎えたスイスのトロシュナ村へ向かうほか、二男ルカ・ドッティ氏や晩年を共に過ごした最愛のパートナー、ロバート・ウォルダース氏のインタビューも。“人間・オードリー”の魅力を再確認できるドキュメンタリーだ。(2013年)
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの
blank