{"prg_cd":"111777"}
{"prg_cd":"111695"}
{"prg_cd":"110744"}
{"prg_cd":"111467"}
{"prg_cd":"111835"}
{"prg_cd":"111803"}
{"prg_cd":"111811"}
{"prg_cd":"111436"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"111651"}
{"prg_cd":"111571"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"111370"}
{"prg_cd":"111791"}
{"prg_cd":"110473"}
{"prg_cd":"111375"}
{"prg_cd":"111140"}
{"prg_cd":"111507"}
{"prg_cd":"111605"}
{"prg_cd":"110987"}
{"prg_cd":"110627"}
{"prg_cd":"110423"}
{"prg_cd":"109765"}
{"prg_cd":"111294"}
{"prg_cd":"111162"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW 映画で国境を越える日 〜映像作家・ヤン ヨンヒという生き方〜

ノンフィクションW 映画で国境を越える日
現在、放送予定はありません。

政治と国家により家族が引き裂かれる様を描き第85回アカデミー賞外国語映画賞の日本代表作となった『かぞくのくに』。在日コリアン2世の監督ヤン・ヨンヒに密着。

政治と国によって家族が引き裂かれるさまを描き、第85回アカデミー賞外国語映画賞の日本代表作品に選ばれた映画『かぞくのくに』。本作の監督を務めたヤン・ヨンヒは、日本で生まれ育った在日コリアン2世。彼女はこれまで手掛けた作品すべてに一貫して“自ら”と“自らの家族”の境遇を重ねてきた。そんな彼女に密着し、思いを込めた映画が多くの国でさまざまな意味を背負っていく軌跡を追う。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

政治と国家により家族が引き裂かれる様を描き第85回アカデミー賞外国語映画賞の日本代表作となった『かぞくのくに』。在日コリアン2世の監督ヤン・ヨンヒに密着。

映画『かぞくのくに』は、1970年代に“帰国事業”として北朝鮮に渡った兄と日本に残った家族の物語を描き、2012年8月に公開された。脚本・監督を務めたのは日本で生まれ育った在日コリアン2世のヤン・ヨンヒ。1964年に大阪で生まれた彼女は、劇団女優、ラジオパーソナリティーなどを経た後、映像作家として作品を発表し始める。そして、“家族”をテーマにしたドキュメンタリー映画2本を手掛けた後、初めてフィクションとなる『かぞくのくに』を書き下ろす。作品は海外の映画祭で上映されるなど世界中で反響を呼び、第85回アカデミー賞外国語映画賞の日本代表作品にも選ばれた。
番組では、在日コリアン2世にして日本代表作品の監督となった彼女に密着。日本だけでなく、国家分断の歴史を持つ韓国やドイツをはじめ、各地で彼女と作品がどう受け止められるのかを追いながら、その原点となる彼女の思いと、その行き着く先に迫っていく。

出演

  • 土屋裕一
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの