{"prg_cd":"102962"}
{"prg_cd":"112133"}
{"prg_cd":"112081"}
{"prg_cd":"111833"}
{"prg_cd":"111988"}
{"prg_cd":"111695"}
{"prg_cd":"111925"}
{"prg_cd":"110253"}
{"prg_cd":"109949"}
{"prg_cd":"110281"}
{"prg_cd":"111340"}
{"prg_cd":"111629"}
{"prg_cd":"111987"}
{"prg_cd":"110473"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"112040"}
{"prg_cd":"111842"}
{"prg_cd":"111762"}
{"prg_cd":"110967"}
{"prg_cd":"111776"}
{"prg_cd":"110580"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"066625"}
{"prg_cd":"111162"}
{"prg_cd":"111601"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW 消えゆく映画フィルム 日本一の映写技師の物語

ノンフィクションW 消えゆく映画フィルム
現在、放送予定はありません。

変わりゆく映画館やその環境。激減するフィルム映画。この映画界の過渡期をめぐる物語を芸術選奨文部科学大臣賞受賞の映写技師・鈴木文夫の目を通して映し出す。

フィルムを映写機にかける映写技師という職業で芸術選奨を受賞し、“日本一の映写技師”と称される鈴木文夫の軌跡を追う。ミリ単位の精度が求められ、映画には欠かせない存在である映写技師として、多くの映画人から信頼を集めてきた鈴木。だが業界全体が次第にデジタル化へ向かい、映画=フィルムという構造が崩れてしまう。鈴木の“フィルムの終焉”との戦いと、未来へ託そうとする映画人としての魂を浮き彫りにしていく。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

変わりゆく映画館やその環境。激減するフィルム映画。この映画界の過渡期をめぐる物語を芸術選奨文部科学大臣賞受賞の映写技師・鈴木文夫の目を通して映し出す。

“日本一の映写技師”として世界の映画人から賞賛される鈴木文夫。映写技師という彼の職業は、フィルムを映写機にかけるだけでなく、温度や湿度、上映環境に合わせ、スクリーンに投影する角度や光量、フィルムの架け替えタイミングの調整などが求められる映画には欠かせないものだ。山田洋次監督が自身の作品の上映時に必ず映写指名するなど、鈴木の技術は高く評価され、2003年には芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した。
映写技師という職業では最初で最後と言われるこの受賞で、名実ともに日本一の存在となった鈴木だが、現在は業界全体に進むデジタル化の波に直面している。そんな中、鈴木は京都四條南座で2012年8月から10月にかけて山田監督の作品、全80本を上映するフィルム上映会で映写を担当。76歳の鈴木は「フィルムは生き物」と語り、デジタルでは出し切れない人間の目で感じられるフィルム独特の温かみを残すべく活動を続ける。
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの