{"prg_cd":"104464"}
{"prg_cd":"109681"}
{"prg_cd":"110682"}
{"prg_cd":"110634"}
{"prg_cd":"110765"}
{"prg_cd":"110681"}
{"prg_cd":"110499"}
{"prg_cd":"110376"}
{"prg_cd":"110342"}
{"prg_cd":"110253"}
{"prg_cd":"110462"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"109698"}
{"prg_cd":"109027"}
{"prg_cd":"110306"}
{"prg_cd":"105850"}
{"prg_cd":"109924"}
{"prg_cd":"110445"}
{"prg_cd":"110683"}
{"prg_cd":"110497"}
{"prg_cd":"109779"}
{"prg_cd":"110966"}
{"prg_cd":"110941"}
{"prg_cd":"109764"}
{"prg_cd":"109120"}

ステージ
コクーン歌舞伎「天日坊」

コクーン歌舞伎「天日坊」
現在、放送予定はありません。

演出・串田和美と脚本・宮藤官九郎で幕末の歌舞伎が現代によみがえった。勘九郎、獅童、七之助ら若手俳優がトランペットの音楽で立廻りをするラストが圧巻の超注目作。



※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

演出・串田和美と脚本・宮藤官九郎で幕末の歌舞伎が現代によみがえった。勘九郎、獅童、七之助ら若手俳優がトランペットの音楽で立廻りをするラストが圧巻の超注目作。

古典歌舞伎の名作に現代的な演出をほどこして、世に送り出してきたコクーン歌舞伎。今回は中村勘九郎主演、宮藤官九郎脚本の“Wカンクロウ”による、斬新な舞台となった。
「天日坊」は幕末以来、実に約150年ぶりの上演という河竹黙阿弥初期の作品。ある若者が奇妙な運命のもと五十三次を旅する物語を、自らのアイデンティティーを問う主人公を軸に再構成。
宮藤官九郎ならではのテンポのよい笑いと絶妙な掛け合いが満載の脚本は、孤児で自分のアイデンティティーを問う主人公の多様な感情を紡いでゆく。主人公に中村勘九郎、彼が旅の途上で出会う盗賊に中村獅童、中村七之助。若手俳優たちが熱く、はつらつと演じる舞台を、串田和美が自在に演出。トランペットの音色が主人公たちの決意と悲哀を鮮やかに引き立たせ、コクーン歌舞伎にひときわ鮮烈な風が吹いた。
【天日坊】自らの生まれ素性も知らずに育った青年・法策(中村勘九郎)は、ふとしたきっかけから、将軍源頼朝の落胤(らくいん=非嫡出子)になりすまし、鎌倉へ向かうことに。悪事を重ねつつ旅をするうちに、盗賊の地雷太郎(中村獅童)とその妻・お六(中村七之助)と出会う。やがて、思いもかけなかった自分の運命を知ることになった法策は、“天日坊”を名乗り、途方もない野望を胸に突き進んでいく。

出演

  • 中村勘九郎
  • 中村七之助
  • 市村萬次郎
  • 片岡亀蔵
  • 坂東巳之助
  • 坂東新悟
  • 近藤公園
  • 真那胡敬二
  • 白井晃
  • 中村獅童

スタッフ

  • 脚本/宮藤官九郎
  • 演出・美術/串田和美

収録日・場所

  • 2012年7月4日/東京 Bunkamuraシアターコクーン
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

  • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの