{"prg_cd":"019512"}
{"prg_cd":"112563"}
{"prg_cd":"112780"}
{"prg_cd":"112662"}
{"prg_cd":"112606"}
{"prg_cd":"112946"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"113003"}
{"prg_cd":"112149"}
{"prg_cd":"112712"}
{"prg_cd":"112156"}
{"prg_cd":"112482"}
{"prg_cd":"112481"}
{"prg_cd":"112797"}
{"prg_cd":"112740"}
{"prg_cd":"112394"}
{"prg_cd":"112634"}
{"prg_cd":"112730"}
{"prg_cd":"112794"}
{"prg_cd":"112326"}
{"prg_cd":"112090"}
{"prg_cd":"112788"}
{"prg_cd":"111888"}
{"prg_cd":"111744"}
{"genre_cd":"01"}

ステージ
サロメ 平野啓一郎×宮本亜門×多部未華子

サロメ 平野啓一郎×宮本亜門×多部未華子
現在、放送予定はありません。

オスカー・ワイルドの傑作を、芥川賞作家・平野啓一郎が新翻訳し、宮本亜門が演出。現代的な視点でよみがえらせた。純粋無垢なサロメが、新しい狂気の世界へいざなう。

ワイルドの原作を、平野が美しく現代的な言葉で翻訳。宮本は主人公のサロメにまったく新しいイメージを与え、ステージを仕立て上げた。多部未華子が演じるサロメは、“官能的な魔性の女”ではなく、若くて清純なイメージ。そのけがれのない純粋さゆえに狂気に突き進む姿は衝撃的だ。王役の奥田瑛二、その妻役の麻実れい、預言者役の成河が強烈な存在感。登場人物たちの激情に、緊張感が張り詰めていく。
ステージには、預言者の閉じ込められた牢とサロメたちの暮らす世界が重層的に組み上げられた。モダンな装いで純白の王の居室は、やがて血の赤に染められていく。古典・現代の枠を超え感覚を刺激してくる、新しい「サロメ」の世界だ。
※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
サロメ 平野啓一郎×宮本亜門×多部未華子

オスカー・ワイルドの傑作を、芥川賞作家・平野啓一郎が新翻訳し、宮本亜門が演出。現代的な視点でよみがえらせた。純粋無垢なサロメが、新しい狂気の世界へいざなう。

新約聖書の伝承をもとに、19世紀の作家オスカー・ワイルドが書いた戯曲「サロメ」。その衝撃的な内容は賛否を巻き起こしながらも、オペラや、絵画、映画にもなり世界中に広まった。幽閉された預言者を愛するあまり、その首を欲する女性サロメ。背徳の女の物語に、宮本亜門と平野啓一郎が現代の感覚で新たな息吹を吹き込んだ、新感覚の「サロメ」をお届けする。
<ストーリー>エルサレム、ヘロデ王の宮殿。実の兄を殺し、その妻ヘロディア(麻実れい)を妻としたヘロデ王(奥田瑛二)は、義理の娘サロメ(多部未華子)に心を奪われていた。宴席で見つめてくるヘロデ王から逃れたサロメは、地下の牢に囚われている預言者ヨカナーン(成河)と出会う。その孤高の姿と言葉に激しく惹かれたサロメ。激情に突き動かされるまま、ヘロデ王にヨカナーンの首がほしいと告げる。

収録日・収録場所

  • 2012年6月7日/東京 新国立劇場

出演

  • 多部未華子
  • 成河
  • 麻実れい
  • 奥田瑛二

スタッフ

  • オスカー・ワイルド
  • 翻訳
    平野啓一郎
  • 演出
    宮本亜門
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの
blank