{"prg_cd":"111810"}
{"prg_cd":"111695"}
{"prg_cd":"111783"}
{"prg_cd":"110744"}
{"prg_cd":"111467"}
{"prg_cd":"111835"}
{"prg_cd":"111803"}
{"prg_cd":"111811"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"111436"}
{"prg_cd":"111651"}
{"prg_cd":"111664"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"111370"}
{"prg_cd":"110473"}
{"prg_cd":"111571"}
{"prg_cd":"111791"}
{"prg_cd":"111507"}
{"prg_cd":"111375"}
{"prg_cd":"111140"}
{"prg_cd":"111605"}
{"prg_cd":"110987"}
{"prg_cd":"110627"}
{"prg_cd":"110423"}
{"prg_cd":"111162"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW パリ・オペラ座の「ザ・カブキ」 ベジャールの遺したもの

ノンフィクションW パリ・オペラ座の「ザ・カブキ」

12/24(日)午後4:50

WOWOWライブ

バレエ界の巨匠モーリス・べジャールが東京バレエ団に残した傑作「ザ・カブキ」が2012年、オペラ座に帰還。初演から26年、ベジャールが愛した日本の魂を今に継ぐ。

※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 172

バレエ界の巨匠モーリス・べジャールが東京バレエ団に残した傑作「ザ・カブキ」が2012年、オペラ座に帰還。初演から26年、ベジャールが愛した日本の魂を今に継ぐ。

スピリッツを身体で表現する芸術、バレエ。日本文化を深く愛した巨匠モーリス・ベジャールらが、日本の魂(=スピリッツ)を込めて作ったバレエの傑作「ザ・カブキ」が、パリ・オペラ座で上演された。バレエの本場での舞台。そこでは、2人の日本人ダンサーが、時代を引き継いでいく。伝承されていくベジャールの思い、そしてダンサーたちの姿を追い、彼らのスピリッツに迫る。
日本人なら誰もが知る「仮名手本忠臣蔵」。自己犠牲、忠義心など、日本らしさが凝縮されたこの作品を下敷きに、世界的な振付師モーリス・ベジャールが、さまざまな日本文化を取り入れバレエに仕立て上げたのが東京バレエ団の「ザ・カブキ」。その劇的な展開と独特な芸術性で、1986年の初演から世界各地で観客を驚かせ続けてきた傑作が、2012年、パリ・オペラ座で上演されることとなった。
東京バレエ団では、初演から出演し続けてきた46歳のダンサー高岸直樹が、今回の公演で「ザ・カブキ」を卒業する。一方、今回高岸らとともに主演の由良之助を演じるのが22歳の柄本弾(つかもとだん)。過去、ベジャールから直接指導を受けた高岸から、若手の新星・柄本へ。今回の公演は、これまでの蓄積が引き継がれる舞台でもある。継承される“日本の魂”は、バレエの聖地・オペラ座でどのような花を咲かせるのか。(2012年)
並び替え
絞り込み

関連特集

イヴのバレエシアター

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの