{"prg_cd":"110811"}
{"prg_cd":"110789"}
{"prg_cd":"110670"}
{"prg_cd":"110662"}
{"prg_cd":"110340"}
{"prg_cd":"110297"}
{"prg_cd":"110342"}
{"prg_cd":"109725"}
{"prg_cd":"110350"}
{"prg_cd":"110376"}
{"prg_cd":"110681"}
{"prg_cd":"110421"}
{"prg_cd":"110253"}
{"prg_cd":"110471"}
{"prg_cd":"110634"}
{"prg_cd":"110181"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"111125"}
{"prg_cd":"110462"}
{"prg_cd":"108281"}
{"prg_cd":"106317"}
{"prg_cd":"110306"}
{"prg_cd":"109683"}
{"prg_cd":"110694"}
{"prg_cd":"110621"}

音楽
ポール・マッカートニー ヒストリー・スペシャル

ポール・マッカートニー ヒストリー・スペシャル
現在、放送予定はありません。

    2012年、ビートルズとしてデビューしてから50周年、さらに70歳を迎えたポール・マッカートニー。新アルバムを携えLAで行なったライブをお届けする。

    ビートルズでのデビューから半世紀、自身も今年で70歳を迎えることとなったポール・マッカートニー。彼が手がけた幾多の名曲は世界中で支持されるスタンダード・ナンバーとなっているが、そのポールが愛してやまない古き良きメロディを集めた最新アルバム『キス・オン・ザ・ボトム』が2月8日にリリースされ話題だ。構想に20年以上を費やし満を持して制作されたこのアルバムは、ポールが同じ作曲家として尊敬する、アメリカの偉大なソングライターへのオマージュ的作品となっており、ジャズ界の女王ダイアナ・クラール(ピアノ)をはじめ、エリック・クラプトン、スティーヴィー・ワンダーらがバックアップとして携わっている豪華なアルバムである。
    そんな注目作の完成間もない今年の2月9日に、このアルバムの発売を受けて急遽最新スタジオライブが行なわれた。エルビス・コステロをはじめ20名のごく限られた人にだけ披露された、この最新ライブの模様がWOWOWでオンエアされる。会場はロサンゼルスのキャピタルスタジオ。アメリカスタンダードの巨匠たちも使用した伝説的スタジオであり、今回のアルバム収録にも使われた場所だが、ダイアナ・クラールのバンドを従え、リラックスした空間の中、ポールが愛してやまない数々の名曲が演奏された。
    番組では、今回のライブの舞台裏やポールのインタビューも含むスペシャルな構成でオンエア。ポールの70回目の誕生日である6月18日直前の16日の放送となる。“伝説”のアーティストが歌う“伝説”の名曲たちで、70歳を迎えてもなお輝きを増すポールの魅力をご堪能いただきたい。
    ※初回放送時の情報を掲載しております。

    My番組登録者数
    • 0

    2012年、ビートルズとしてデビューしてから50周年、さらに70歳を迎えたポール・マッカートニー。新アルバムを携えLAで行なったライブをお届けする。

    会場はロサンゼルスのキャピタルスタジオ。アメリカスタンダードの巨匠たちも使用した伝説的スタジオであり、今回のアルバム『キス・オン・ザ・ボトム』収録にも使われた場所だが、ダイアナ・クラールのバンドを従え、リラックスした空間の中、ポールが愛してやまない数々の名曲が演奏された。

    楽曲情報

    • I M GONNA SIT RIGHT DOWN AND WRITE MYSELF A LETTER
    • MY VALENTINE
    • HOME WHEN SHADOWS FALL
    • IT S ONLY A PAPER MOON
    • MORE I CAN NOT WISH YOU
    • LET IT BE
    • HEY JUDE
    • HEART OF THE COUNTRY
    • WE THREE / MY ECHO MY SHADOW AND ME
    • MY LOVE
    • LIVE AND LET DIE
    • AC CENT TCHU ATE THE POSITIVE
    • BAND ON THE RUN
    • SILLY LOVE SONGS
    • JET
    • ALWAYS
    • COMING UP
    • MY VERY FRIEND THE MILKMAN
    • BACK IN THE U S S R
    • PAPERBACK WRITER
    • EBONY AND IVORY
    • PUT IT THERE
    • BYE BYE BLACKBIRD
    • JUNK
    • THAT WOULD BE SOMETHING
    • GET YOURSELF ANOTHER FOOL
    • DRIVE MY CAR
    • THE LONG AND WINDING ROAD
    • MAYBE I M AMAZED
    • GOOD DAY SUNSHINE
    • SGT PEPPER S LONELY HEARTS CLUB BAND
    • THE INCH WORM
    • THE GLORY OF LOVE
    • ONLY OUR HEARTS
    • 収録日/2012年2月9日 収録場所/アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス Capitol A Studio

    出演

    • Paul McCartney (vo)
    • Diana Krall (p)
    • Joe Walsh (g)
    • Robert Hurst (db)
    • strings
    並び替え
    絞り込み
    • 現在、放送予定はありません。

    • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら
    閉じる

    My番組登録とは?

    My番組登録で見逃し防止!

    見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
    放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

    利用するには?

    WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

    WEB会員IDをお持ちでない方
    WEB会員IDを登録する
    WEB会員IDをお持ちの方
    ログインする
    閉じる

    番組で使用されているアイコンについて

    初回初回放送
    新番組
    最終回
    生放送
    5.15.1chサラウンド放送
    二カ国語版二カ国語版放送
    吹替版吹替版放送
    字幕版字幕版放送
    字幕放送
    無料ノンスクランブル(無料放送)
    PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
    PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
    R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
    R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
    R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
    R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
    R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの