{"prg_cd":"113198"}
{"prg_cd":"113241"}
{"prg_cd":"113174"}
{"prg_cd":"112635"}
{"prg_cd":"112156"}
{"prg_cd":"111744"}
{"prg_cd":"111833"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"112634"}
{"prg_cd":"106318"}
{"prg_cd":"112451"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"112086"}
{"prg_cd":"113255"}
{"prg_cd":"113092"}
{"prg_cd":"113220"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"113418"}
{"prg_cd":"113240"}
{"prg_cd":"113417"}
{"prg_cd":"113340"}
{"prg_cd":"112946"}
{"prg_cd":"112322"}
{"prg_cd":"113073"}
{"prg_cd":"112706"}
{"genre_cd":"01"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW サーフィン写真家 佐藤傳次郎 ~そこに海があるかぎり~

ノンフィクションW サーフィン写真家 佐藤傳次郎
現在、放送予定はありません。

波と、波を愛する人々を40年撮り続けてきた世界的写真家・佐藤傳次郎の視点から描く震災1周年企画。佐藤が、自身の作品を通じて被災地の人々との魂の交流を試みる。

東北の太平洋岸で、海を愛し、海と共に生きてきた人々。東日本大震災による津波の被害は、彼らから大切なものを奪い去り、過酷な現実を突きつけた。震災前の2010年夏、彼らの元を訪れていたハワイ在住の写真家・佐藤傳次郎。そのとき、大自然の偉大さを語り合い、海を通して人々と触れ合った佐藤は、震災後、再び東北を訪ねる。人々に再会した佐藤が見たもの、感じたこととは…?
 被災した海を愛する人々の姿を通して、人間にとって自然とはなにかを考える。

<番組解説>
全身全霊で波と対峙し撮影する作品の数々で、世界的に有名な“サーフィン写真家”佐藤傳次郎。近年は、音楽仲間たちと日本各地を巡り、ライブによる作品上映会を行い、海の神秘と美しさを伝え続けてきた。2010年夏には東北各地を訪れていた佐藤は、そこで出会った仲間たちが東日本大震災で被災したことを知り、2011年秋、ハワイから再び日本にやってくる。
移動手段は上映用機材を積んだ車1台。佐藤は、福島から避難したサーファー仲間が待つ宮崎へと向かう。そして、東北の被災地へ。宮城の七ヶ浜で開催されたCandle JUNEとの復興イベントを皮切りに、避難所となっていたお寺や温泉宿などでライブ上映会を開催。気仙沼、石巻、仙台新港と全行程4000キロに及ぶ旅を続けていく。
変わり果てた東北の風景。しかし、過酷な状況の中で逞しく生き続ける被災地の仲間たちの姿に、海へ人生のすべてを捧げた男佐藤は何を感じ、何を伝えるのか。
※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
ノンフィクションW サーフィン写真家 佐藤傳次郎

波と、波を愛する人々を40年撮り続けてきた世界的写真家・佐藤傳次郎の視点から描く震災1周年企画。佐藤が、自身の作品を通じて被災地の人々との魂の交流を試みる。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの