{"prg_cd":"109949"}
{"prg_cd":"111988"}
{"prg_cd":"111695"}
{"prg_cd":"112081"}
{"prg_cd":"111833"}
{"prg_cd":"111987"}
{"prg_cd":"110253"}
{"prg_cd":"110281"}
{"prg_cd":"111340"}
{"prg_cd":"111629"}
{"prg_cd":"110350"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"110473"}
{"prg_cd":"112133"}
{"prg_cd":"111762"}
{"prg_cd":"110580"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"110967"}
{"prg_cd":"111162"}
{"prg_cd":"112040"}
{"prg_cd":"106481"}
{"prg_cd":"111919"}
{"prg_cd":"111776"}
{"prg_cd":"111601"}
{"prg_cd":"066625"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW 映画監督 若松孝二「17歳」の光と影

ノンフィクションW 映画監督 若松孝二「17歳」の光と影
現在、放送予定はありません。

政治色の強いテーマを独特の手法で描き、世界的に評価される鬼才・若松孝二監督。「17歳」というキーワードを軸に“人間・若松孝二”に切り込むドキュメンタリー。

激動の1960〜70年代、ピンク映画ながら政治色の強い数々の作品を作り、全共闘世代に絶大な人気を誇った映画監督・若松孝二。近年でも『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(2008年)、『キャタピラー』(2010年)が世界で高い評価を得るなど、その作品世界は唯一無二のものとなっている。そして昨年、再発のがんを患った若松が“人生最後の作品”のひとつとして取り組んだのが『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』であった。自らと向き合い、キャリアに“オトシマエ”をつけようとする若松。『11・25ー』に至るまでの作品群の中から見えてくるのは「17歳」というキーワードである。彼の作品が観る者に与える強烈な印象、描かれる歴史事実、周囲の雑音…、それらすべてを取り払ったときに残る「人間・若松孝二」そのものに迫るドキュメンタリー。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

政治色の強いテーマを独特の手法で描き、世界的に評価される鬼才・若松孝二監督。「17歳」というキーワードを軸に“人間・若松孝二”に切り込むドキュメンタリー。

『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』『キャタピラー』『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』の撮影に取り組む若松孝二監督に、長期密着取材。若松監督の生涯を通じてのテーマ「17歳」の秘密に迫る。あさま山荘に立てこもった「連合赤軍」、三島由紀夫と行動を共にした「楯の会」、いずれにも17歳前後の少年がいて、重要な役割を演じていた。
『キャタピラー』で描かれた舞台は、若松監督が少年時代を過ごした宮城県・涌谷町がモデル。東日本大震災の被災地にも近い涌谷町に里帰りする若松監督に同行し、故郷への思いを聞く。高校を中退、17歳で家出をして東京に向かった若松少年。その時の反発心は後の作品にどう影響しているのか。「17歳」にこだわる監督の思いとは何か。作品に関わる人々の話と、監督自身へのロングインタビューで、メッセージを解き明かす。
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの